読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年 私的ラノベ・マンガランキング

2016年ラノベ・マンガランキングです。
正直今年の後半はこちらの活動へのリソースが減ってしまって、新規のヘビーな物語は読めておりません…
何とか卓球との両立を画策し、来年はもっともつと物語を読めるようにしたいです。
まさかのサガグレイスが面白くて12月がほぼ潰れてしまったのは予想外…!
とりあえず本好きの下克上は必読としなければ…
ということでラノベとマンガ各5個ずつチョイスしました。
完全に主観による私的ランキングです。

ラノベ


1位 冴えない彼女の育て方 11巻

やばい。
読んだ当初はやばいという感想しか出てこなかったくらいヤバかった。
悶え死ぬ=11巻7,8章という代名詞になってよいぐらいやばかった。
読んでて震える小説と言うものは今までにありましたが、読みながらひたすらウネウネしていた小説は初めてでした。
アニメ化以前より恵派閥だった私としては感無量の展開ですよね。


2位 りゅうおうのおしごと! 3巻

りゅうおうのおしごと!3 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと!3 (GA文庫)

熱い…!
という言葉がすべてでしょう。
個人的に3巻の山刀伐八段の生き様、桂香さんの選択、と琴線に触れるエピソードが満載で泣きながら読んでました。
このラノ1位おめでとうございます。


3位 青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない

「やさしさにたどり着くために、私は今日を生きています。」
物語の完成度としては抜群でした。
ラノベという媒体を活かして7巻分の物語が見事に収束していく構造は見事というほかありませんでした。
しかし何よりも登場人物たちが、お互いのことを思って行動する姿がとても好きです。
物語のテーマである「優しさ」が詰まってます。


4位 Re:ゼロから始める異世界生活 9巻

何度でも繰り返す。
ブレイクしましたねー。
クセがあっても面白いものは正しい売り方をすればちゃんと売れるんだよ!ということを証明してくれた物語でした。
もはやアニメをちゃんと見たひとはリゼロ沼から抜けられない。


5位 ありふれた職業で世界最強 アフターストーリー

ありふれた職業で世界最強 5 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 5 (オーバーラップ文庫)

とにかく楽しい。
本編よりも下手すると楽しいです、笑
最近全然なろうにリソース割いてなくて、クンフーが全く足りていないのですが、その中でも毎週楽しみにしている、ありふれた職業で世界最強、ですね。
作者の白米さんが何より楽しそうに書いていて、なおかつこっちも楽しいとか最高じゃないとですか。
アビィ編とかミュウちゃん編とか最高に好きです。
嫁ーズのなかでは、雫が好きなので彼女の番外編も心待ちにしております。

漫画編


1位 かぐや様は告らせたい

今、最も熱いラブコメ!!
ギャグとラブコメを高次元で表現している、毎週生きる目的になっているものです。
各キャラクタの顔芸とお可愛いかぐや様の姿は最高です。
とりあえず読みましょう。


2位 ぐらんぶる

おバカとお酒、ときどきダイビングとちょっぴりいい話。
バカテスの作者である井上先生が原作を手がける大学生のお酒時々ダイビング漫画です。
テンポが良くてあーこいつら楽しそうに生きてんなーっていうのがすごく伝わってきて大変面白いです。
好きなものは誰だって否定されたくないですよね。
ちーちゃんとかもかわいいのでおすすめ!


3位 やがて君になる 3巻

やがて君になる(3) (電撃コミックスNEXT)

やがて君になる(3) (電撃コミックスNEXT)

堕ちていく。
ひたすら3巻のラストの体育倉庫のシーンがやばかった。
人を好きになったことがなかった侑が先輩に堕ちていく様がもうひたすらやばい。
ごろごろ転げていました。
冴えカノと合わせて強烈な11月だった…


4位 トリマニア

トリマニア(2) (ガンガンコミックスONLINE)

トリマニア(2) (ガンガンコミックスONLINE)

日常系の基本的にほのぼの、だけど時々ちょっぴり切ない物語。
リゼロの作者である猫さんが押していて大変にツボにハマりました。
基本的にゆるーい感じなんですけど、人の本質的な部分をわりと押さえてくるときがたまらなくいいです。


5位 であいもん

おバカ30歳×小学生×三角関係。
俺の中ではPONキマでおなじみの、浅野りん先生の最新作です。
京都の和菓子屋を舞台とした、日常コメディものです。
ヤングエース1月号の最新話の女の争いは最高にツボでした。
ひとつ一果ちゃんが大人になりました。