アニメ 冴えない彼女の育てかた♭ 雑感

絶賛放送中の冴えカノ2期、あと一話ですがイロイロ書きたかったのでとりあえず感想の垂れ流しをあげます。
とにかくBDのACが楽しみです。
アニメのここ数話は、ドラマガのインタビューにあった、深崎さんの感情を動かしていく話にしたいというのがアニメーションおよび声優さんの演技で見事に表現されていて、ほんとアニメという媒体をフルに活かしきっているなーという感じでしたよね。
で、私も感情を動かされたのでツラツラと。

8話

いやもう恵が可愛すぎ、以外の言葉は陳腐でしょう。
原作でも有り余る恵の可愛さでしたが、アニメはアニメとして見事にその可愛さを表現してくれましたよね。
とりあえず4回ぐらいは繰り返しみてますが、まだ足りないよね。
私的にはまずあの放送室での二人の距離とかがもう最高でした。
普段フラットだった恵が感情を爆発させて倫也に詰め寄る感じがたまらんかったですね。
安野さんの演技が相まって圧倒されました。
その後、二人でスーパー行って買い物して、二人でカレー作ってとかもう恋人通り越して夫婦でしたよね、笑
この夫婦描写はこのあとの倫也が11巻で垂れ流してした理想そのものですよね。
そのあとになぜかお風呂シーンが追加されていてありがとうサービスシーン!という感じでした。
あと壁にかけてある制服、うん、何でかわからないけれど、とてもとても素晴らしいですよね。
プロデューサーさんさすがです!!!



んでアニメ化されて改めて思うのは、付き合ってもいない男の服借りてベッドに寝てるってすげーおかしくないですかね恵さん、笑
足バタバタするのも、枕を抱え込んでいるのも素晴らしいし、あの胸元エロすぎでしょ!
これはKG先生の同人誌の内容が倫也のいないところでこっそり繰り広げられてるに違いありませんね。

9話と10話

9話はものすごく落とす回でしたね。
1期はわりとキャラクタの可愛さを全面に出す展開でしたが、ここにきてどデカい裏切りでした。
ですがそのあとの10話は、アニメ化してくれて本当にありがとうって感じでした。
あの美術室の英梨々の心情の吐露は素晴らしいものでした。
リエーターしての自分とと一人の人間の間で悩む姿が大西さんの迫真の演技によってものすごく刺さりましたね。
んでそのあとの、今までフォローする立場であった詩羽を逆に焚き付ける英梨々、涙を流す詩羽、そして手をコツンと合わせる二人。
このシーン、原作の挿絵との連携が見事で冴えカノの中でもかなり好きなシーンでしたが、アニメも一連の流れの移り変わりがほんと良いテンポでした。



亀井監督のツイートを見ると、現場もすごいことになっていたみたいですしね。
そりゃそうだろうなぁ。
こういう制作陣スタッフが血反吐を吐きながらも作品のことがホント好きなんだなぁって伝わってくるのが本当に私自身が好きなんですよね。


さてはて、今週はGS3にアニメ最終話と盛りだくさんですね。
GS3はついに恵の倫也に対する感情の変化が語られるのでしょうかねー。
原作はここが一番の謎な部分ですからね。
どのように恵が倫也に恋していったのか。
アニメ最終回は詩羽先輩と倫也のあのシーンで締めでしょうかね。
アニメでは詩羽回だったのだけれど恵に持ってかれまくっていた詩羽先輩の逆襲で締めてほしいところです。
で、3期もやってくれるんですよね?
とりあえずいちユーザーとして落とす金は落としますから!(原作とBD)