読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゅういちぶんのいち 9 あれだよね、仁奈がかわいいからいいかな。

じゅういちぶんのいち

1/11 じゅういちぶんのいち 9 (ジャンプコミックス)1/11 じゅういちぶんのいち 9 (ジャンプコミックス)
(2014/07/04)
中村 尚儁

商品詳細を見る

ワールドカップまっただ中での、じゅういちぶんのいち、完結巻です。

完全にワールドカップのせいで生活リズムが崩壊しているんだけど、

良いのかサラリーマン。

何か小難しい感想をまとめることができないので、思うところを適当に。

ソラの息子、悠のお話しですが、個人的には、最後の仁奈と分かり合うシーンとかじーんときますよね。

仁奈は強いなーって。

あとはソラFRIENDSでGKの神崎が出て来た時はおおうってなりました。

個人的にあの神崎のお話しが一番好きなのです。

あとは仁奈がかわいくて仕方がなかった、笑

後輩マネージャーが先輩かわいい、とか言っているシーンとか破壊力抜群ですよね。

あの健気すぎる姿がもう!

ただそれだけにラストの構成、「ツヨシ」の物語からあのラストシーンであるように、

ソラは四季の存在に最後まで囚われて、という言い方は良いかはわかりませんが、

結局のところソラの人生の動機はもう一度四季とサッカーがしたい、という解釈ができてしまうのが、

どうもに個人的に消化不良なんですよね…

何と言うか、今までの人生は結局それが動機だったの?と思えてしまうというか何と言うか。

特に仁奈の存在がすごく軽くなってしまう感覚がして、うーん、うーん、と唸ってしまうというのが正直なところです。

じゃあどういうラストにすれば納得なのよ、と言われると何も言えないのですが…

ともあれ、ソラを中心とした群像劇、人々の「人生」の物語、素晴らしいものでした。